ひぐらしのなく頃に 祟殺し編 [全2巻]

作品内容

祟りか、それとも――。
都会から寒村・雛見沢に引っ越してきた少年前原圭一は、その村で毎年6月に行われる「綿流し」と呼ばれる祭りの日に、連続して起こっている殺人事件の存在を知る。一人が死に、一人が消える怪奇。自分にはまったく関係ないと思っていたその事件は…。
ネットを中心に爆発的に人気が広がった革命的ノベルゲーム「ひぐらしのなく頃に」。トラップ大好きないたずらっ子・沙都子と主人公・圭一を中心に描かれる、原作の第三章にあたる「祟殺し編」を鈴木次郎がコミック化!

単行本

関連記事

アシガール

星の案内人

エレメンタル・カウンセラー ひよっこ星守...

万年2位だからと勘当された少年、無自覚に...

ワンダーラビットガール

陽だまりの樹

グラップラー刃牙

新 仮面ライダーSPIRITS

ファウスト

THE NEW GATE (ザ・ニュー・...

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド ス...

貧乏国家の黒字改革

ROBOTICS;NOTES Side ...

ログ・ホライズン

PPPPPP