この本を盗む者は [01-03話]

作品内容

この本を盗む者は | 「ああ、読まなければよかった! これだから本は嫌いなのに!」 書物の蒐集家を曾祖父に持つ高校生の深冬。父は巨大な書庫「御倉館」の管理人を務めるが、深冬は本が好きではない。ある日、御倉館から蔵書が盗まれ、父の代わりに館を訪れていた深冬は残されたメッセージを目にする。 “この本を盗む者は、魔術的現実主義の旗に追われる” 本の呪いが発動し、街は侵食されるように物語の世界に姿を変えていく。泥棒を捕まえない限り世界が元に戻らないと知った深冬は、探偵が銃を手に陰謀に挑む話や、銀色の巨大な獣を巡る話など、様々な本の世界を冒険していく。やがて彼女自身にも変化が訪れて――。 「呪われて、読む。そして書く――私たちは!」 森見登美彦氏 推薦!

単話

関連記事

剣士を目指して入学したのに魔法適性999...

鋼鉄のリンナは××されたい

ハズレポーションが醤油だったので料理する...

雪花の虎

エリートヤンキー三郎 第2部 風雲野望編

魔法少女特殊戦あすか

リセットマン

【配信中】女神チャンネル! え、これ売名...

おっさん底辺治癒士と愛娘の辺境ライフ ~...

ほしがりすぎでしょ!? 稲葉さん

華舞鬼町おばけ写真館 - KABUKIC...

どうでもいいから帰らせてくれ

この男子校には俺以外女子しかいない【電子...

代紋 (エンブレム) TAKE2

占い師には花騎士の恋心が見えています