満州アヘンスクワッド [01-66話]

作品内容

「満州で一番軽いものは、人の命だ」
時は昭和12年。関東軍の兵士として満州にやってきた日方勇は、戦地で右目の視力を失ってしまう。「使えない兵隊」として軍の食糧を作る農業義勇軍に回され、上官に虐げられる日々を送るも、ある日農場の片隅でアヘンの原料であるケシが栽培されていることに気づく。病気の母を救うためアヘンの密造に手を染める勇だったが、その決断が自身の、そして満州の運命を狂わせていく…。

単話

関連記事

二周目チートの転生魔導士 ~最強が100...

女子大のオキテ

万能変化メカトロウィーゴ

童貞絶滅列島

ジェンダーレス男子に愛されています。

新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙

ブルーロック

賢者の学び舎

機動戦士Zガンダム Define

誰かを呪わずにいられないこの世界で

ぼくの孫悟空

時使い魔術師の転生無双 ~魔術学院の劣等...

反逆のソウルイーター~The reven...

ザ・ファブル

ガムガムパンチ